「ある情景」

現実と非現実の狭間を

振り子のように

ブラブラと

いったりきたり