「静物」

時間に縛られた現実の中で

無関係に存在するかのようにみえる

私にとって別のものに変貌したことも

全然おかまいなしに