「時 流れて・・・」

時はいつも生きる者に厳しいから
今は追憶と喜びと希望を抱いて
日溜まりの中をくるくる回る
一時の休息