「夏の終わり」

失われていくものには、人を魅了する香りがある。

強さを残したはかなさに、振り返らずにいられない。