「余韻」

記憶の端に残るほのかな夢が

ゆったりと心の中に拡散していく

そんなある午後の情景