「裸婦」

学生時代の作品です。 今見ると随分堅苦しく思えますが、 照れ臭さの反動でしょうか。